趣味の総合サイト ホビダス
 
純粋なブリティッシュバイクではなくて、日本、イギリス、フランスと気持ちイタリーの血が混じり合ってるクオーターです。またのなを国籍不明?あと、コメントはこちらの方で内容を確認してから、スパムなど以外を公開しますので

 こうしてブログを書くのも、かなり久々です。

 毎年イタリアで開催されている、アンティークバイクの世界的なイベント、「エロイカ」をご存じでしょうか。

 今回、私の作ったバイクが、ビチエロイカに登録決定されました。

 エロイカには、Biciclette Eroiche(英雄自転車、以下BICI EROICHE)というヴィンテージ自転車登録制度があり、今回5/18日に審査会が開かれたときに、私もこれに出展しました。当日はイタリアから審査委員も来日しており、前夜祭前に審査会に参加。
 その規定はというと・・・・
「1987年以前に製造されたレース用自転車と非レース用自転車で、L’Eroicaの精神に則り完全に走行可能であり、フレームと主要な部品がオリジナルの完成車である、もしくは制作年代のスタイルを尊重した修復がなされている完成車」が審査前提条件。
 翌日、登録決定者のセレモニーがあったのですが、当日は何も言われず、先週の8/20に電話で登録が決まったとの吉報を頂きました。
 まさかとれるとは・・・と思ったけど、イタリアの人たちにこのバイクの良さが解って、本当に良かったです。

久々に

カテゴリー 独り言

 久々の投稿だけど、今回はあのときの事故の裏の話。

 2009年に、峠の下りの落者事故なんだけど、そのときの話。

 発端は、その事故の1ヶ月ほど前にさかのぼる。

 ある日の土曜日、名栗にある「さわらびの湯」に行こうって思ってた。

それで、途中行きつけの自転車屋さんによると、運転手なのに免停を

喰らい、やることなくてお店でたむろしていたオッサンも一緒に行きたいって

言うから連れて行くことに。

 東京から名栗までというと、一番いいサイクリングコースが多摩川を抜けて

青梅に入り、そこから峠越え。っというコース

 途中には、心霊スポットで有名な吹上トンネルがある、あのルートです。

 オッサン二人がトンネルの手前まで来たとき、道は楽だが景色の悪い

新道、新トンネルルートか、景色は良いけど道の悪い旧道ルートか、まあ、

ここはサイクリングで来てるので、旧道ルートを選択。

 ただ、ここで自分が言っちゃいけないことを、このバカなオッサンに言ってしまった

訳で。「ここは幽霊が出るって有名な場所なんだ」って。

 それを聞いたバカなおっさんは、「えー!じゃあ、心霊写真とれるかなあ」の一言、

思わずドン引きして、恐ろしいことをするオッサンだと思い、自分はトンネルからでて、

「変なことするなよ」って忠告も聞かずに大盛り上がりで写真撮影。このときの呪いを、

まさか自分がその後受けるとは思わなかった。

 自分としては、死者を冒涜するつもりはなく、かなりいわくつきの場所だけど、通るだけなら

大丈夫だと思ったが、彼の行動にかなり嫌悪感感じて、何も起こらないことを祈ったが、この日は

事故もなく帰ることができた。

 景色が良いから、いつも通るところで、通ったからといって、いつもは何もない。ただ、暗くなった

後は通る意味がないので、通らない道。

 で、11月の連休を利用して、そのオッサンの企画した事故の時に起こった本当の話。

 峠の下りでバイクが一気に加速したとき、実はハンドルか切れなくなってた。理由はわからないが、

それが、本当の話。道路左側にあるU字溝に落下し、バイクからほうり出された瞬間、いつもなら

受身を取ってたところだけど、首と右手を誰かに押さえつけられてるみたいで、それもできなかった。

 病院に着いたときは、あまり意識はっきりしてなかったんだけど、薄い意識の中で、怪我をした老人

の救命活動をしていて、それが済むしばらくの間、廊下で待たされていた。

 と、記憶していたが、実は怪我をした老人も、待たされたと言うこともなかった。

 

と、云うのも、おかめインコの話。人間の年齢に換算して、92~5歳ぐらい。

 ペチって云う名前のオスで、平成3年の6月ごろに、道端でカラスに襲われているところを

うちの親が助けた。生後2ヶ月ぐらいの子で、多分4月が誕生月。それで計算すると、20歳

8ヶ月。

 それからしばらくはあまりの可愛さに自分が面倒みたいって言ったものの、朝鳴きが

すごかった。やはり、死ぬほど怖い想いをしたので、度を越した臆病な子に。人懐っこいけど、やたらうるさい子で、一日中鳴き止まない。それで、ケージから出してあげると、ベットの上に上がってきて、歌歌い始める。

 可愛いのは良いんだけど、それが日の出とともに繰り返されるので、実家の仕事をしていた

関係で、ペチは事務所勤務となった。

 その間の扱いは、父の思い込み飼育によって、春夏秋冬水浴びをさせられ、特に冬は寒さに

凍える日が続いた。

 事務所勤務のペチのおやつには、ゴマせんべいとか、酷いことにチョコレートも美味しそうに食

べたからあげていた。後で知ったんだけど、チョコレートはおかめには有毒で、中毒の危険があっ

たのだったが、うちに来て、数ある危険を潜り抜けて、タフに生き残ってた。

 それも、飼ってる間には、カナリアシードとボンゴイカの骨、日本蕎麦しか食べなかった偏食おかめ

なのに。

 それから、月日は流れても、ペチの呼び鳴きは収まることを知らず、騒音防止のために思いついた

のが、ケージにダンボール箱に取っ手をつけたものをかけて暗闇にして、ペチを寝かせることだった。

 そんなおかめも、2009年9月に入り、転機が訪れる。

 毎回気になってた、ペチの水攻と暗闇の刑があまりに哀れに思った自分が、ペチを開放?というか、

養老させてあげることに。

 何で哀れかと思ったかというと、かなり性格が荒れていて、ペチに近づくだけで激しく威嚇したり、

あやそうとすると噛み付こうとした。ただ、根が優しいペチだったから、つつくけど怪我はさせない。

特に、かけられてた段ボール箱への恨みは激しく、父が「うるさいし、甘え癖がつくからかけとけ」

というから仕方なくかけるものの、すごい勢いで嫌がった。

 このときでもう齢18歳と5ヶ月、人間ならとうに80歳を超える高齢おかめサンだったんだけど、このとき

から、暖かくて居心地のいい場所に移動となる。ただ、父に「甘やかすと、甘え癖がつく」と忠告されたが、

その忠告も何のその、自分の部屋に戻ったペチは、朝なきは健在なものの、無駄鳴きも威嚇行動もなく

なり、本当に飼い鳥としての幸せに浸ることになった。

 以前はケージに戻そうとすると噛み付いて抵抗して、鍵を嫌がる子だったんで周りの人はそれをジャラジャ

ラさせて、ケージに逃げ込ませていた。それも、すぐに素直な子に戻り、幸せそうに肩の上でマッタリ毛づく

ろいをした後はおとなしく手に乗ってケージに戻った。

 夜はペチとしばらく遊び、ケージに戻して部屋を暗くさせると、ペチがケージの中を動き回る音が必ず聞こえる。

初めは何をしているかわからなかったんだけど、気になって電気をつけるとケージの梁にぶら下がって、

羽をパサッと広げていた。

 調べてみたら、「ここは僕の縄張りだよ、僕の家サイコーじゃん!ヤッター」って云う意味のボデーランゲージ

で。その意味が判って、やってるなあって思ったタイミングで電気をつけて、しばらくしてまた消してみたら、

それを繰り返していた。面白いから電気をつけたり消したりして、ペチの幸せポーズをしばらく楽しんだ。

 ペチにとっては、朝は朝鳴き、寝る前に必ずそれをやるのは、欠かせない日課だった。

 そして、ペチの養老生活が始まり、2ヶ月がたとうかというある日、ペチがえさを吐いてるのに気づいて、

病院に連れて行った。診断は、細菌感染によるそのう炎に加えて、おなかの中にも雑菌が繁殖していて

入院が必要とのこと。

 原因は、事務所勤務の苛酷な生活環境以外にはなかった。ペチがかけられていた箱の内側を見ると、

かなり酷くかびていて、これをかけられるのは人間でも嫌なはず。あまりに幸せそうにしていたから、

本当に判らなかった。

 その後、ペチはそれから今月の15日に死ぬまで、若い嫁さんをもらったり、偏食を治すためにペレット

や他の穀物を与えられたり、高カロリー栄養食を食べさせたりと、やっと飼い鳥らしい生活に戻った。

 その中でも、青米と粟玉卵を柔らかく炊いたものと、栄養剤に卵の殻を乾燥させて粉末にしたエッグ

フードと、蜂蜜と砂糖を混ぜた滋養食を去年の年末から今年の春先まで与えていて、暖かくなったら

換羽(とや)の遅れたこの子にエッグフードを栄養剤で解いたものを注射器で飲ませていた。

 6月の血液検査で、肝臓が悪いことが発覚し、エッグフードを与えず、投薬治療に専念。7月にはまた

衰弱が見られたので再入院。

 最後の半月は、11/29に、様態が急変し、衰弱が激しくなったために緊急入院。5日間を予定していた

が、様態がかなり悪かったので飼い主の要望で4日延長したが、入院7日目でまた衰弱が見られたので

ペチの入院中のストレスを考えて、退院、自宅での投薬治療に切り替えることに。

 11月から、12月にかけての最後の入院のときに、覚悟はしてたけど

 何でこんなことを今書いてるかというと、なんとなく気持ちの整理がついたから。

 それから、12月15日に、この子を見送ったんだけど、この写真を撮ったのが、12月10日、この子は

携帯カメラを向けて、嬉しそうにする飼い主が大好きだったみたいで、数々の可愛いポーズをとってくれ

たんだけど、この日もちゃんとポーズをとってくれて。

 このブログで、算盤シェフの話とか、バス旅行のときの愚痴とか色々してたけど、それってこの子を見てて、

思ったのはすごく純粋な、言葉は通じないんだけど、気持ちが通じ合える本当に純粋で穢れのない天使。

パートナーに出会った。って思ったわけで。

 この子と比べると、彼らは骨の髄まで汚れた、人間でも動物でもない、妖怪でも怪物でもない、世界で一番

汚れた泥で作った泥人形を、欲で固めた煩悩で動かしてるクソ製造機にしか見えなかったから。

 でも、人間は、この一羽のおかめインコと比べると、そこまで汚れてしまったんかなあ。

 

と、言うわけで、この写真は前回のだけど、今回は国産豚のスペアリブを注文

 もちろん塊のまま。

 バーベキューって言うと、ちぃっちゃい肉を金串で差したりとか、韓国焼肉風になるじゃない。

 必ずたてにスライスするから、脂はともかく旨みまで駄々漏れ。味も素っ気もなくなって、ただソースの味しかしないチューインガム噛んでるような。

前回はカルビもスペアリブもアメリカ産だったけど、今回はオーストラリア産

 見てのとおり、塊で行っちゃいます。カルビは、筋と脂身を丁寧に取り除き、肉の繊維を切断しないでそのまんま焼く予定

 残った脂と筋は、別に焼いて脂を落としておつまみに

 スペアリブは、まず粗塩で余分な水分を抜いた後、シーズニングを振りかけて香り付けした後、リブソースを挟み込んだ後、たまねぎ、にんにく、なしを刻んで入れ、昼夜寝かして熟成させたもの

 どんな味に仕上がるのか、今から楽しみ

 昨日、かねてからお付き合いのある恩人の人と、渋谷に出かけたときのこと、あるうなぎやさんに入ったところ、なんか見覚えのある人が、静かに飲んでて。

 ソフトモヒカンに、ベッコウめがね、まさかのまさかだけど、笑福亭笑瓶さん、その人で。

 で、二人で、「笑瓶さんだよね」って話してて、ただ、ちょっと険しい顔で飲んでたから、いつもの笑瓶ちゃんのイメージとは違ってて。まあ、あのテンションでお店で話してたら、大変なことになるから仕方ないのかもしれない。

 で・・・うちのほうは震災のよもや話をして、うちも、気が付いたついでに意地悪な遊び心が出て、原油高騰の話。それをっちょっと・・・

 どういう話かというと、このブログにも書いた話で。

 要は、政府は汚いって話。

 結論から言うと、レギュラーガソリンが1リッター150円以上で、高止まりするのは、有り得ないという話。

 なぜなら、液化石炭のコストが、1バーレルあたり、70ドルから80ドル。

 で、ここでこんな突込みが入るかもしれない。

「俺の車は、ハイオク仕様だから、液化石炭の代替燃料なんか入れなんねえよ」

 てな話。液化石炭と石油、どう違うかというと、氷と水の違いと一緒。固形のものを石油として精製するのに、大体1バーレル70ドルから80ドルかかるという話。

 ドイツは、石炭はたくさん採掘できたから、液化石炭から作ったハイオクガソリンでメッサーシュミットを飛ばしていたのは有名な話のはず。

 要は、液化コストに採掘コストだけを上乗せして、大量生産できるプラントが中国にあるから、1バーレル100ドルを超えた場合、そういったプラントがフル稼働するわけで。

 当然、新しいプラントにも投機マネーが流れ込み、液化プラント事業は活況を呈すわけで。

 そうなると、高い原油相場に、安いコストで製造された原油が大量に流れ込む。当然、既存の油田から汲み取った石油より利益率は高くなるから、原油と液化石炭。同じものなら、原油相場で液化石炭も取引できるんであれば、市場の中心は液化石炭に取って代わってしまう。

 そうなると市場の自然統制効果が働き、アラブでどうもめようとも、1バーレル110ドル以上の高止まり傾向は、長続きしないのだ。必然的に、1バーレル70~80ドル、プラス採掘コストが、市場価値の根幹を支配してしまうことに。同時に、石炭相場も高騰することを加味しても、そういった、原油価格の限界点から計算すると、レギュラーガソリンの高騰の限界は、150円周辺。

 それ以上になると、今度は液化石炭の利益率が膨大となり、アラブの原油は価値を失ってしまうわけで。

 ガソリンが高くて、家計を圧迫して困るなあ。ってときは、買わなければ勝手に下がるもので。

 だから、レギュラーガソリンが160円近くまで高騰する、、なんてことはありえないわけで、そうした場合政府はガソリン税の免税か措置を行って、経済活動の衰退を防止する。なんて、聞き心地のいい条例を作るなんて、かなり汚い。

 実を言うと、レギュラーガソリンが125円あたりを越えたころあいから、中国の液化石炭が市場に流れ込み、中東の原油価格高騰を追い風にして、代替燃料プラントがぼろ儲けする仕組みで。

 当然、先物とか、ファイナンス系も、それで暴利を貪るわけで。だから、政府の対応って言うのは、散々おいしいものを富裕層に鱈腹食わせて、金の亡者か食べ残して、始末に困った原油の利権を国民に還元しよう。ってなはなしで。

 でも、金の亡者か利権を食べ残すわけがない。なので、適当なところで、市場の自然統制機能が働き、ある程度儲かったところで、相場が落ち着く。

 つまり、家計を圧迫したガソリン代は、流れ流れてそのように使われ、中国人があんずの駄菓子社長みたいにフェラーリを買うわけで。

に、しても。
 コースターの純正車内マイクは、あまりにもダサイ。
 何処がどーダサイかというと、なんか、玩具みたいで。
 そこで、今日、こんな物を買ってきました。

 開けてみると、こんな感じ。

 後で、純正と新しいマイクを交換する動画をアップする予定。

 ど真ん中の大きなボタンを押すと、スイッチが入るという、プレストーク式で、ロック機構も付いている。
 なんか、観光バスっぽくて良いかも。

 堂々の日本製。
 やはり、アクセサリーには拘りたいモノで・・・。

 ふと思うんだけど、スポーツカー買ったら、飛ばしたくなる気持ちはある程度分かるけど、ファミリーカーで飛ばすのは、凄く格好悪いって言うか・・・。
 ファミリーカーを別の言葉で言うと、「オヤヂ車」
 今回は、撮ろうと思って無くて映り混んでしまった、痛い人たちの映像を・・・。
 多分、時速130㎞オーバーは出しているかも知れない。
 このごろ、玉突き追突事故で、必ず3台以上なのはこういう人たちが居るからだと思う。
 前半、1台の車を2台の車が煽ってて、その後をトラックが通過後、そのトラックを3台の車が煽ってた。
 ビデオで撮ってみると、やっぱりみっともないかも知れない。

 今日、見ました。六本木で
 青の、壊れなさそうなフォードに乗ってた。
 うちの兄貴も、所さん好きで、テレビ局に投稿とかしてて、ステッカーもらってて。
 
 
 
 世田谷ベース、面白くて見てて、それで、見覚えのある所石油ステッカー、色違いを見つけて、「あー」とか思いながら眺めてると、助手席の美人の奥さんと、可愛い子供たちも、「あー」みたいな反応。
 多分、白ナンバーの、ばりばりの自家用仕様の、コースター26人乗りを、さも普通のセダンにのって、ドライブで乗り回してるって感じが、かなり不思議だったみたいで。
 だってさあ、一人で乗り回すと、軽油でリッター8㎞も走るんだから、軽油リッター100円だったなら、ハイオクなら140円ぐらい。燃費が良いから、大きくても気軽に転がせるのが、コースターの魅力かも知れない。
 視界が広い上に、26人乗りをたった一人で乗り回す贅沢。たまんないんだよね。
 で、三田方向に一緒にしばらく走ってと、どうも自家用コースターの話題で盛り上がったらしくて。お父さんもうちの愛車を身をルームミラーで乗り出してガン見。
 やはり、こういう時って、お互いに相手が怪しい人だと、変に因縁つけられても困るから、ちょっと慎重になるよね。
 自分の方は、相手は所帯持ちだから、因縁とかつけてこないって解るけど、相手の立場からすると、変な挑発は怖いよね。家族を守らないといけないし。
 金髪で、ソフトモヒカンみたいなシルエット。で、なんでか眼鏡を額に載せてて。
 

もしかして、ご本人

 

 
 正面から確認したかったけど、交通の流れもあるし、まっいっか・・・。てな感じで、多分、本当に所さんかもしれない一家とは離れて、気ままに箱根を越えて沼津までドライブしました。
 所さーん。
 欲しい??
 コースター
 いいでしょう。正直、ノアよりもコースターの方が乗り心地が良くて好きなんです、眠くなります。って、寝ちゃいけないんだけど。ビックバンも足回りが同じで、LX仕様が600万で新車買えるし、中改造も出来るし、お勧めカモです。
 ただ、オプションは是非、グライドドアの方が静粛性も高いし、折り戸式よりもすきま風が入らない分、良いかも知れないです。
 是非、今度所スペシャルのコースタービックバンベースの、キャンピング改造、披露してください。期待してます。

 コースターLX26人乗り標準ハイルーフです。

 4.2リッターのディーゼルNAエンジン。はじめの乗鞍ツーリングのあと、早速タイヤをリテンション。フロントタイヤがショルダーばっかり減ってたため、コーナーでの踏ん張りが効かず、試乗したときはヨタヨタまっすぐ走らず、ある程度落ち着いた頃合いの時は、コーナーに致命的な難があった物。
 それを、リアから2本持ってきて、フロントの頼りないタイヤは、ダブルタイヤの内側にセッティング。
 初めて自分で欲しいと思って買った車が、コースターというバスなんて・・・・。
 ちょっと不思議かも知れない。
 でも、良いんです。これから、楽しめば良いんですから。
 で、今日はこの車の自動車保険証書が届いて。それを、コースターに置きに行ったら、向かいの福祉シャトルバスの運転手さんが話しかけてきて。
 「この車、乗り心地いいでしょ。こんな所に寝かしておくのも、勿体ないじゃない」
「でしょ、やはり、仕事は幾らでもあるんだし・・・」
 みたいな話を。
 ちなみに、保険の内容はというと、対人対物無制限、人身賠償が5千万、事故一件につき13億円まで保証。無保険車障害特約無制限と、車両保険付き。
 弁護士特約と、事故、故障損害特約付き。
 それれで、年間15万円。掛け捨てになるけど、誰もが安心して乗れる車であれば、いいかなあ・・・。
 なお・・・業務連絡。
 右側最後尾に乗っていたお客様。次回はクリップレスシューズを脱いだ後に、おくつろぎください。
 以上

 バスツアー、おやじ達の遠足。
 なかなか楽しい遠足でした。やはり、こういうのって、色々なハプニングが付き物で。
 詳しい話は後ほど。
 

他のキーワードで検索 »